農地利用最適化推進委員の募集期間延長について

2018年3月9日

 農業委員会等に関する法律の改正により、平成30年2月9日から3月8日まで農地利用最適化推進委員の募集を行いましたが、定数に満たないため募集期間の延長を行います。

※農業委員については、定数に達したため募集を締め切りました。

 

 

1.募集期間


  平成30年2月9日(金)~平成30年3月28日(水)【必着】

  ※持参される場合は、午前8時15分~午後5時までに提出してください。(土・日・祝日除く)

 

2.募集人員


  推進委員 2人

 

担当区域 担当区域の範囲 定数 再募集人数
 高樋、十二川原、枝川、垂柳 再募集無し
 田舎舘、八反田、畑中、大曲 再募集無し
 諏訪堂、大根子、豊蒔、大袋 再募集無し
 川部、和泉、境森
 土矢倉、前田屋敷、堂野前、新町
 東光寺、二津屋、高田 再募集無し

 

 区域4(川部、和泉、境森)1人

 区域5(土矢倉、前田屋敷、堂野前、新町)1人

 

3.任期


  3年間(委嘱された日~平成33年8月30日)

 

4.主な業務内容


  ・担当区域の農地利用の最適化の推進(現場活動)

  ・遊休農地の発生防止・解消の推進

  ・担い手への農地の利用集積(調整、集落座談会出席)

  ・新たに農業を営もうとする者の参入の促進

  ・農地中間管理機構との連携

   ※総会等へ出席し、意見を述べることができます。

 

5.応募資格


  担当区域において、農地等の利用の最適化の推進に熱意と識見を有する20歳以上の方。

  ただし、次のいずれかに該当する人は委員となることはできません。

  ・破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者。

  ・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は受けることがなくなるまでの者。

 

6.推薦・応募方法


  応募用紙に必要書類を添えて持参又は郵送により、農業委員会に提出してください。

  (応募用紙及び必要書類)

  1.個人の農業者(3人以上(20歳以上))から推薦する場合:様式第1号及び第2号

  2.団体が推薦する場合:様式第3号及び第2号

  3.本人が応募する場合:様式第4号

 

7.選考方法


  書類及び面接審査(必要に応じて)により農業委員会が選考します。

 

8.注意事項


  ・提出された書類は、返却しません。

  ・推薦又は応募に係る経費は、推薦者又は応募者の負担となります。

  ・提出書類の内容について、関係機関に確認を行う場合があります。

  ・推薦者及び応募者等を村ホームページにて公開しますので、公表することに同意のうえ提出してください。

 

問い合わせ先


 田舎館村農業委員会

 〒038-1113 田舎館村大字田舎舘字中辻123-1

 TEL 0172-58-2111(内線131)