子ども医療費給付事業について

2017年4月14日

 

 田舎館村では、下記のとおり子ども医療費給付事業をはじめることとなりましたのでお知らせします。

 

子ども医療費給付事業は、乳幼児以上の子ども(小学校1年生から中学校3年生まで)の健康と健やかな育成を図るため、

医療費の自己負担額を助成する制度です。乳幼児の時は乳幼児医療費給付事業の対象となります。

 

 

 

 【事業の内容】

 

  平成28年6月からの診療における保険適用分について、小学校1年生から中学校3年生までの自己負担額が、全額助成対象となりました。

 

  所得制限はありません。

 

  ※ただし、入院時食事療養費は全額自己負担。

 

 

 

 

 

 【給付方法】 

 

  原則、現物給付(支払なし)、償還払いも可能

 

  ※柔道整復師療養費(接骨院、整骨院に係る医療費)など、一部現物給付に対応していない医療費もあります。

 

  (役場窓口で償還払いによる対応になります。)

 

 

 

 

 

【有効期限等について 】

 

  子ども医療費給付事業の対象者は、小学校1年生から中学校3年生までです。更新手続きはありません。

 

  紛失・破損等があった場合は、再発行いたします。

 

  対象児の保険証に変更があった場合は、変更申請をお願いします。

 

 

 

再交付様式.doc(29.5KBytes)

 

 

 

変更様式.doc(34.0KBytes)

 

 

 

 

 

 【 その他 】

 

   県内医療機関で保険証と受給資格証を提示しない場合や、接骨院、整骨院などでの診療(柔道整復師療養費)、また県外医療機関で医療を受けた

 

   場合等、医療費の支払いを要することもあります。その場合は、領収書を破棄しないで、医療を受けた翌月から起算して4か月以内に、医療費の

 

  給付申請をしてください。申請に基づき、保護者口座に医療費をお振り込みいたします。

 

   ※医療費の給付申請を行う場合、受給者証、印鑑(認めも可)、お振り込みする口座がわかるもの(通帳等)をご持参ください。

 

 

 

医療費申請様式.doc(39.0KBytes)

 

○各申請書は役場窓口にもあります。

 

 

 

お問い合わせ

厚生課
健康推進係
電話:0172-58-2111(内線153)