臨時農業生産情報(台風8号に対する技術対策)

2014年7月9日

 気象庁の進路予報(7月8日12:50発表)によると、台風8号は、本県に7月11日から12日にかけて接近する見込みです。

 また、台風の影響で前線が活発化するため、9日頃から雨が強まる可能性があります。

 今後の気象情報に十分注意し、強風や大雨等による農作物への被害の未然防止と軽減に努めてください。

 

(事前対策)

 1 共通の対策

   地盤が緩み崩壊の恐れがある農地や林地、農道や林道及び増水中の河川や水路などでは、

  事故に巻き込まれないよう十分注意するとともに、以上を発見した場合は、市町村等へ連絡する。

 

 2 りんご等果樹

  <おうとう>

   (1)収穫可能な品種は、速やかに収穫する。

   (2)雨除け施設の破損・倒壊を防ぐため、マイカ線等の締め直しや支柱等による補強を行う。

    収穫を終えた施設は、速やかに被覆資材を除去する。

  <りんご及びその他果樹>

   (1)速やかに防風ネットを張り、破れている部分は補修する。

   (2)雪害等で折損した樹は、強風で枝が折れたり、枝が倒れないよう支柱等で補強する。

   (3)りんごのわい果樹や幼木は、支柱への結束状況を点検し、緩んでいる場合は再度結束する。

   (4)ぶどうの垣根、なし棚、ハウス施設等は支柱等で補強する。

 

 3 水稲

   浸水や冠水被害防止のため、排水溝の清掃や補修、畦畔の補強を行う。

 

 4 畑作・野菜・花き

   (1)ほ場や施設周辺に排水溝を設けるなど排水に努める。

   (2)刈取適期を迎えた小麦は速やかに刈り取る。

   (3)ビニールハウスやトンネルでは、倒壊したり被覆資材が飛散しないよう施設の点検、補修を行うとともに、

    マイカ線や支柱などで補強する。

お問い合わせ

産業課
産業係
電話:0172-58-2111(内142)
ファクシミリ:0172-58-4751