ひとり親家庭等医療費助成事業

2012年2月26日

 村に住所を有し、健康保険に加入しているひとり親家庭等の児童及び父または母が、病院等にかかったり、医師の処方箋で薬局より薬をもらった場合、申請に基づいて医療費を助成する制度です。

○対象年齢

  • 児童・・・18歳に達してから次の3月31日まで
  • 父または母・・・児童を監護する期間

 

○対象となる医療費

  • 入院及び通院にかかる医療費
       ただし、父または母は、医療機関等(薬局を除く)ごとに1月につき1,000円を控除した額となります。
  • 入院時食事療養に係る標準負担額

 

○所得制限

所得の制限がありますので、次の表を参考にして該当すると思われる場合には申請手続きをしてください。

 

  • 養育者を除く申請者
    扶養親族等の数所得額
    0人 2,342,000円
    1人 2,722,000円
    2人 3,102,000円
    3人 3,482,000円
    4人 3,862,000円
    5人 4,242,000円

    備考

    1. 扶養親族等の数が5人を超える場合の限度額は、扶養親族等の数が5人の場合の所得額に、扶養親族等の数が1人増す毎に38万円を加算した額とする。
    2. 所得税法に規定する老人控除対象配偶者、老人扶養親族又は特定扶養親族がある者についての限度額は、上記の金額に次の額を加算した額とする。
  • 老人控除対象配偶者又は老人扶養親族1人につき10万円
  • 養育者及び扶養義務者
    扶養親族等の数所得額
    0人 6,216,000円
    1人 6,465,000円
    2人 6,678,000円
    3人 6,891,000円
    4人 7,104,000円
    5人 7,317,000円

    備考

    1. 扶養親族等の数が5人を超える場合の限度額は、扶養親族等の数が5人の場合の所得額に、扶養親族等の数が1人増す毎に21万3千円を加算した額とする。
    2. 所得税法に規定する老人扶養親族がある者についての限度額は、上記の金額に老人扶養親族1人につき(当該老人扶養親族のほかに扶養親族等がないときは、当該老人扶養親族のうち1人を除いた老人扶養親族1人につき)6万円加算した額とする。

 

○受給資格の申請

申請手続きには次のものが必要となりますのでお持ちの上、窓口へお越しください。

  1. 健康保険証(対象者分すべて)
  2. 保護者名義の通帳
  3. 印鑑(認印)
  4. 所得証明書(他市町村より転入された方)

お問い合わせ

厚生課