後期高齢者医療の保険料について

2017年5月17日

■保険料額の決め方(年額)

 被保険者一人ひとりに納めていただくことになります。

 保険料額は、広域連合が次の方法により計算します。保険料額を決める基準については、2年ごとに設定され、広域連合内で原則均一となります。

 

  【青森県の保険料】 = 均等割額 + 所得割額

 

・均等割額は、被保険者1人当たり4万514円です。

・所得割額は、総所得金額等から基礎控除額を差し引いた額に、所得割率7.41%(0.0741)をかけた額です。

・保険料の限度額は、55万円です。

・保険料年額については、100円未満切捨てとなります。

・保険料の賦課期日は、毎年4月1日となります。



■保険料の軽減措置

 所得の低い方は、同一世帯内の被保険者および世帯主の総所得金額等の合計額をもとに、均等割額が軽減されます。

 

軽減割合 世帯(被保険者及び世帯主)の総所得金額等 均等割額 均等割額
9割軽減 総所得金額等が基礎控除額(33万円)以下で、被保険者全員が年金収入 80万円以下(その他各種所得がない場合) 4,051円
8.5割軽減 総所得金額等が基礎控除額(33万円)以下 6,077円
5割軽減 総所得金額等が基礎控除額(33万円)+{24万5,000円×被保険者の数}以下
※被保険者数は被保険者である世帯主を除く
2万257円
2割軽減 総所得金額等が基礎控除額(33万円)+{35万円×被保険者の数}以下 3万2,411円

 

 所得割額を負担される方のうち、基礎控除後の総所得金額等が58万円以下の方は、所得割額が一律5割軽.減されます。



■制度加入直前に被用者保険(社会保険等)の被扶養者であった方の軽減措置

 後期高齢者医療制度に加入する直前までサラリーマンの夫やお子さんに扶養されていた方は、均等割額が9割軽減され、所得割のご負担はありません。



■保険料の納め方

 保険料の納付方法は、原則として年金(年額18万円以上の方)から天引きされます。(特別徴収)

 年金額が年額18万円未満の人や介護保険料とこの制度の保険料の合算額が年金受給額の2分の1を超える人は、納付書や口座振替等で納めていただきます。(普通徴収)

 また、申請により特別徴収から口座振替により納めていただくことができます。



お問合せ相談窓口

田舎館村役場住民課国保年金係 後期高齢者医療担当
電話:0172-58-2111(内線161)


青森県後期高齢者医療広域連合
〒030-0801 青森県青森市新町二丁目4番1号 県共同ビル1階
電話:017-721-3821
ファクス:017-723-1401
Eメール:aomori-kouikirengou@dolphin.ocn.ne.jp