行事・みどころ

2017年8月22日

田舎館村には県内・県外の方にも楽しんでご参加いただける四季折々の行事があります。田舎館村のみどころを散策するのも楽しいですよ。

 

 

行事

苗っこまつり

 苗っこまつり(4月29日・昭和の日)

 村内生産者が育てた元気な野菜苗、花壇苗を販売します。直売ならではの価格で丈夫な苗を購入できます。
田植え体験ツアー

 田植え体験ツアー(6月初旬)

 役場東側水田に、紫色や黄色などの古代米と「つがるロマン」を手植えします。夏になると、見事な田んぼアートが浮かび上がります。
ねぷたまつり

 ねぷた運行(8月1日~8月7日)

 各集落自慢のねぷたが村内を練り歩きます。4日に行われる合同運行では、約20台のねぷたが田舎館中学校から役場までの区間を運行します。
栃ノ海杯少年相撲大会

 栃ノ海杯少年相撲大会(7月下旬)

 村出身の元横綱栃ノ海(三代目春日野親方)に続く力士を目指し、県内外から集まった小、中学生力士が熱戦を繰り広げます。
稲刈り体験ツアー

 稲刈り体験ツアー(10月初旬)

 田植え体験ツアーで植えた稲を、手作業で刈り取ります。夏を彩った田んぼアートの稲を、秋の訪れを感じながら収穫します。
収穫感謝祭とシクラメン市

 収穫感謝祭とシクラメン市(11月第3土・日曜日)

 約7,000鉢のシクラメンを村民体育館に配し、色鮮やかな展示即売会や模擬競りを実施します。

 また、会場周辺ではリンゴや野菜など農産物や加工品、工芸品、軽食を販売する出店が並ぶほか、献血、三色餅や交通安全リンゴの無料配布なども行います。

弥生の里凧上げ大会

 弥生の里凧上げ大会(2月上旬)

 県内の凧上げ自慢が集い、自作の凧の見栄え、飛ばし方、音色を競い合います。

 

 

 

みどころ


村の木サイカチ   

  田舎舘城址(田舎舘地区)

   天正13年(1585)5月、津軽為信によって攻略された田舎舘千徳氏五

  代掃部政武の居城址。

   天正13年の壮烈な戦いや、慶長6年(1601)3月の清水森大法会にお

  ける政武夫人お市の方の自刃は長く語り伝えられており、昭和59年に

  建立された記念碑と樹齢400年のサイカチ大樹が昔をしのばせていま

  す。

 十一面観音  

  木造十一面観音菩薩立像(田舎舘地区、胸肩神社・弁天堂)

   美濃出身の僧・円空の寛文5~8年(1665~1668)の作とされており、

  県内に見られる円空仏の中では最も早い時期の作品といわれていま

  す。(昭和37年県重宝指定)

 弥生の里    

  道の駅いなかだて 「弥生の里」

   このエリアは概ね7.5ヘクタールの用地に産直センター・レストラン・大

  型コンビネーション遊具をはじめ、パターゴルフや動物とのふれあいが 

  できる公園などを兼ね備えた「ゆっくりくつろぎ遊べる」 広場です。いな 

  かだて弥生の里展望所から眺める、第2田んぼアートもあります。

    また、周辺には埋蔵文化財センター・博物館があり、地域農業の振

  興や村の活性化、文化高揚の拠点としています。