水洗便所改造資金の貸付制度

2012年2月23日

 今まで使用していた、汲み取り便所を水洗トイレに改造したり、し尿浄化槽を廃止して公共下水道に直結したりする場合には、一定の条件を設けて貸付を行っています。この貸付制度は、処理区域になるとトイレの水洗化が法律で義務づけられているため、皆様の経済的負担をなるべく少なくしようと定められた制度です。

 

貸付金制度

 村では、汲み取り便所等を水洗便所へ改造される方に、資金の貸付を行っています。

 

貸付金額 80万円以内
利息 公示された日から3年以内の水洗化→無利息
公示された日から3年以降の水洗化→有利息
返済方法 60ヵ月以内の元金均等償還で、指定口座より自動振替
貸付の条件 1)処理区域内における建物の所有者、または所有者の同意を得た建物の占有者であること
2)村税や下水道受益者負担金ん(分担金)を滞納していないこと
3)村内に居住している連帯保証人(同一生計以外)がいること
取扱金融機関 田舎館村農業共同組合、東奥信用金庫田舎館支店
手続き方法 本人と保証人が印鑑証明書および印鑑を持参し、金融機関窓口にて直接行います。その際、村から送付された「貸付金交付通知書」を金融機関窓口へ提出してください。

 

その他

 貸付金の借入申請は、指定業者が工事申請時に同時に代行して行いますので、工事依頼時に貸付金を利用する旨を伝えてください。