下水道について

2013年5月1日

 文化的な生活を目指して、わたしたちの暮らしは豊かになってきましたが、反面、そうした生産・生活活動が、いつの間にか川を汚濁させ、悪臭を発生させるところまで自然を変えてきています。汚濁の原因である家庭や工場からの排水を浄化して自然のサイクルの中に返し、美しい自然環境を守り生活環境を良くし、暮らしを快適にするのが「下水道」の役割です。

 

受益者負担金制度について
下水道をできるだけ早く建設するために受益者負担金制度があります。この制度は、下水道が整備されることによって、受益者(土地の所有者など)の工事費の一部を負担していただくものです。
・下水道への早期接続を
下水道が使える区域になりますと、公告の日から1年以内に、台所や風呂等の排水設備を整え、浄化槽は切り替えて下水道に接続していただきます。また、汲み取りトイレは3年以内に水洗トイレへ改造してください。
・下水道への排水設備工事は指定工事業者へ
排水設備の工事にあたっては、必ず村が指定した指定工事業者に依頼してください。
指定工事業者に連絡しますと、現場を見た上での見積もりをしてもらえます。
なお、工事費の貸付金制度もありますので、この利用についてもご相談してください。
下水道使用料金について
水道料金と一緒に納めていただきます